編集部だより

2019年9月21日

Vol.18 漫画家 弘兼憲史さんの書籍を読みました。

Vol.18 漫画家 弘兼憲史さんの書籍を読みました。

先日、書籍【50歳からの「死に方」】を読み終えました。ワインや料理などにも造詣が深い弘兼さんが、50歳からの生き方を人それぞれに合わせて説くこの本。更に出世を狙うも良し、ボランティアや趣味に生きるも良し、定年後は独立してラーメン屋を始めるも良しと、何しろ50歳からそれぞれの死に方の準備を始めようという内容でした。

 

書籍の中で私が良いなと思った一文を紹介いたします。

「つまり、あなたがサラリーマンをこれからも続けるなら、まず、【どう死ぬか】【いつに死んでみせるか】という自分の最期を先に考え、次に、そこから遡って、仕事を終えた定年から死までの間をどう生きるかを模索し、最後に50歳から定年までの行き方を考慮する。いわば、【死】からの【逆算】が必要だと思うのです。

 

つまりは、50歳から考える【死に方】は、50歳からの【生き方】を考えることとイコールなのだそうです。皆さんはどう思われますか?

 

#自分史コモンズ #自分史 #自叙伝

お気軽にお問い合わせください (022)274-7257

  • カレンダー

    2019年12月
    « 11月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • 過去の編集部だより

    カテゴリ

    • お客様の声
    • お問い合わせはこちら