編集部だより

2020年3月12日

Vol.23 祖父の形見

Vol.23 祖父の形見

みなさん、こんにちは。編集部の原です。

私事ですが、先日引越をする機会がありました。

その折に、倉庫代わりとなっている今は亡き祖父祖母の空き家に、物を運びに訪れた時の事。新居のスペースに丁度よい、テレビ台があったのです。

「かなり古いけど、まだ使えるから丁度いいか。」程度に思い、車に積んで新居へ。

後日、私の母が新居に来て、そのテレビ台を見て一言。

「これは、あなたの祖父が自分で作った自家製のテレビ台なんだよ。」

それを聞いて大変驚きました。

造りは家具屋で買ってきたものに比べれば、たしかに簡素ですが、

半世紀以上過ぎても使えるとは・・・・。

しかも、私が祖母から聞かされていた祖父像は、

【英語が堪能で通訳として政府に重宝されたといった人物】だったので、

こんな一面がある事が意外でした。

 

いや、待てよ。私も公園から拾ってきた枝葉で、

クリスマスにドアに掛ける飾り(スワッグ)や、

段ボールでブルトーザーを造ったりと子供達を喜ばせる事があったなぁ。

 

おじいちゃん、ありがとう。

確かに自分の中に、会った事のない祖父を感じた瞬間でした。

皆さんはどんな時に祖先のDNAをご自身の中に感じますか?

 

#自分史コモンズ #自分史 #自叙伝

お気軽にお問い合わせください (022)274-7257

  • カレンダー

    2020年7月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • 過去の編集部だより

    カテゴリ

    • お客様の声
    • お問い合わせはこちら